風に吹かれるままつらつらと。


by atuko-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上海旅行記 2月17日(3日目)

さて、3日目。 今日の体温は、なんと35.4度。低すぎ(涙
今日は自由行動。 女4人と歩きます。

a0004449_23394361.jpgまず、朝ごはんはホテルで用意されていたけど、せっかくだからと上海で朝ごはんが食べられるファーストフードのようなお店に行きました。説明では「カーネルサンダースに激似の東洋人のおじさんが目印」。ホントに似てました・・・^^;陜西南路駅近くの淮海中路(ホァイハイルー)沿いにあるお店。


a0004449_234106.jpgここで食べたものを写真取るのを忘れてしまったんだけど、全く英語&日本語のメニューが無いので、とりあえずセットメニューを頼みました。
内容は「俵型のポテトのフライ&豆乳の温かいプリンみたいなのに甘い豆が乗っている(舐花豆というらしい:右の写真)&小龍包6個」で22元(286円)。 おいしいんだこれが! しかも食べられないほどの量!舐花豆(写真)は、小さなバケツのようなものに入ってきた。結局残してしまった・・・けどおいしかった!

食べ終わってコーヒー飲みたいと言うことになり、このお店の道路はさんだ向かい側にあったミスドに入ってみる。

a0004449_23433321.jpg店内は日本とおんなじ!好きなドーナツを取って、レジで会計するという方式で、私はコーヒーとポンデリングを食べました(朝食食べたばかりなのに)
a0004449_23441643.jpgコーヒーは少し薄く感じたけど、ポンデリングは同じ味ですよ。コーヒーは「美式珈琲(漢字が出ない!珈琲の「王」はどちらも口です)」と書いて12元(156円)、ポンデリングは「芬迪鈴」と書いて6元(78円)です。日本と同じようにコーヒーは継ぎ足しに来てくれました。

 

さて、そこを出て淮海中路と交わっている陜西南路沿いにある「ANNABEL LEE(アナベルリー)」へ。中国の伝統的な素材や技法を現代的にアレンジした小物が充実!前日に新天地でも行ったんだけど、ここが本店なのでもう一度行ってしまった。

サイトに行けばわかりますが、椅子が埋め込まれている独特なドアを開けるとカラフルな小物たちがたくさん!私は会社の上海に来なかった友達にポケットティッシュケース(40元)と自分用にペンケースやティッシュケースを買いました。
いつもなのかはわからないけど、買った点数分別な小袋をつけてくれ、しかもいろんな色から好みのものを選ばせてくれるのも良かったです!

a0004449_23465066.jpg次に、上海の骨董品などがそろう通りに最近、SOHOスタイルで各国のデザイナーなどが小さな事務所を構え始めた「泰康路(タイカンルー)」。


細い通りなんですが、おしゃれなお店がたくさん!
中でも「上海盈稼坊工作室(Shanghai Harvest Studio)」はとてもかわいかった!中国の苗族の伝統的な刺繍のお店で、絵や洋服などがたくさん!しかもその刺繍の細かいこと・・・お店を入ったとき伝統衣装を着た女の子二人が刺繍をしていました。

これ以外のお店もいろいろ見てみたけど、なんといっても旧正月中!お店がほとんど開いていなくて・・・残念。もっとおもしろいお店がたくさんあったはず!

この後、思南路(シナンルー)を通りながら、淮海中路まで戻りこの通り沿いのお店を散策。
さらに歩いていると、 中国のお菓子「エッグタルト」を発見!

a0004449_23483257.jpg
焼きプリンがパイに乗っているようなこのお菓子、4個で10元(130円)。めちゃくちゃおいしい!しかも焼きたて!

そして、昼食。雁蕩路という歩行者天国になっている道にあったサンドイッチやティーなどがある喫茶店?に入り、サンドイッチと珍珠乃茶(タピオカ入りロイヤルミルクティ)のHOTをいただきました。おいしかった!


その先にあるお茶屋さん「叙友茶荘」に行く。ここは歴史のあるお茶屋さんだそうで、量り売りをしてくれる。試飲も出来ると聞いていたんだけど、しなかったんだよねぇ・・・頼まれていた「凍頂烏龍茶」の高級を買いました(50g60元)。(その後飲んだらおいしかった!)
茶器なども結構あったけど、意外に安かったです。(もっと安いところはあるんでしょうがね^^;)

この後、地下鉄に乗って移動。
地下鉄はとてもわかりやすく、日本と同じように自販機の上にある料金表で料金を確認し、自動販売機の場合、料金を先に入れてからボタンを押す。しかし小銭が無い場合は両替機で両替するが、窓口でも買えます。その際、行き先を書いた紙を見せるとOK!
私たちは地下鉄1号線の「人民広場駅」までのったんですが、自動改札機を通ってホームまで降りると日本と同じです。広告もあるし、白線もある。そして乗ったんですが雰囲気的には大通りから札幌駅まで乗る感じ!人も多く、乗り降りも混雑していました。

そして南京東路へ。ここは大きい歩行者天国になっていて、旧正月中だったからか人がたくさん!!デパートに入ってみたけど、服やさんや化粧品などこれも日本より煩雑としている感じだけど同じ感覚です。
ただ、あまり目当てのお店が無くて、ここからタクシーで「故園茶館」へ。
a0004449_23511254.jpgオーナーが収集している骨董家具がとても雰囲気が良かったです。ただこの↑のサイトでは予算60元、日本語OKとありますが、最低でこの値段なのですごく高いし、日本語も全然通じない!メニューも中国語のみでまったくわからないし、そのメニューには値段も無かった。ちょっとあせりました・・・。

結局一番安い緑茶を頼んだんですが、ガラスコップにお茶とお花が入っていて、とてもキレイ。ただ苦かったけど^^;お茶菓子はお茶を頼むとタダで付いてきました。この茶館の隣にあるお茶屋さんは小さいけど、茶器が安かったです。お茶はどうだろう?高かったような。






次に、タクシーに乗り上海三越へ。ここは花園飯店ホテルの中にあるんですが、フランス租界時代に”フランスクラブ”として建てられたすばらしい建物なのです。タクシーを降りると、ボーイさんが開けてくれた・・・さすが!
中は、1階は喫茶店と三越が。ショップには午前中に行ったアナベルリーやシンプリーライフなどの雑貨屋さんのものが。ここだけでもほとんどそろうかも。もちろん日本語OK。

お茶をもう少し欲しかったので、三越の店員さんに聞くと近くにあるとのこと。歩いていってみると、昼に行った叙友茶荘の別な店だった^^;仕方ないのでここでまた少し買い足し、さー夕飯!

上海で今とても流行っている火鍋を食べに!火鍋とは鍋が真ん中で敷られており、半分は辛いスープ、半分は淡白な白淡スープに別れており、そこに肉や野菜などを入れて食べる、いわば中華風しゃぶしゃぶ。
長楽路沿いにある「羊春白雪」というお店を目指して歩いていると、途中で地元のスーパー発見!中に入って色々見ていました。日本でも良く見かけるお菓子や生活雑貨など、日本語で書いていればどこにでもありそうなスーパーなんですが、おもしろかったねぇ。何も買わなかったけど、いい雰囲気味わいました^^

さー火鍋へ!と思ってちょっと暗い道を歩いていると、私が上司に頼まれていた紹興酒を忘れていたことを思い出し、そして運良く酒屋さん発見!中に入ると店員のおじさん2人とお客さんのおじさん1人が店内に、紹興酒を意味する漢字を示すと、これこれと指をさしてくれました。「ハオ、ハオ(ハオはおいしいという意味)」と言ってくれ、それを購入、ビン一本、なんと14.5元(188円)。おみやげなのにコンナに安くてよいのか・・・?(後で聞いたらおいしかったといっていて一安心^^)

今度こそ火鍋!と思って歩いていると・・・
なんと目指していた「羊肉白雪」は休み!ショックな女4人。近くのコンビニに入って聞くも、言葉がわからないため、一生懸命ガイドブックなどに乗っている漢字を示していたけど「この辺には無いよ」というようなことを一生懸命言ってくれた。

・・・居たところは観光客なんか来ないような路地。
とにかく大きい通りに出たら、流行ってるからきっとどこかにあるよ!ということで歩いていると、なんと「火鍋」と書かれているお店が!嬉しくて入る。店先にベンツが止まっていたので「高級なのか・・・?」と不安になったけど、メニューを見たらそうでもなく安心!

a0004449_23564374.jpg新花城(中国語のサイトに飛びます)
住所:東湖路58号



英語が出来るマネージャーがとても親切で、英語が出来る友達におまかせして牛肉と野菜を頼んでもらった。すると、さまざまな香菜やいろいろな調味料を調合してくれたタレを持って来てくれました。しばらくすると、2種類のスープが入った鍋が!机の真ん中にある電磁調理器の上におき、ぐつぐつしてきたら、薄切りの肉とかほうれん草とか豆腐とか白菜とかを入れて食べる!

うまーーーーーーーーーー♪



a0004449_23582433.jpg寒かったから辛いスープもなんのその!本当においしかった!調合してもらったたれにつけると本当に辛いんだけどおいしくて!メニューにあった野菜が漢字なので良くわからずに白菜だけ頼んであとはマネージャーが適当に持ってきてくれたらしい。ナイスマネージャー!a0004449_23593217.jpg量もちょうど良かった。ビールもうまい!青島(チンタオ)ビールを小瓶だけど3人で5本開けました^^;




食べ終わった後に、まったりしていると(ちょっと若そうでカワイカッコイイ)店員さんが、もう終わり?という感じで来たので「Finish!」と一応言ったら雰囲気でわかったのか、突然鍋の取っ手ではなく、鍋肌を持ち上げたのです!!私たちは当然驚いた。
「うわっ!熱くないの!!!!」(日本語です)
と思わず4人が4人とも大声で言ってしまったので、そのカワイカッコイイ店員さん「アワワワワワ!!」といった感じで(ほんとにそんな感じ)、鍋を置いて走って英語が出来るマネージャーのところへ行ってしまった・・・。(多分、「まだ食べるみたいなのに僕が持っていこうとして日本人を怒らせちゃいましたぁぁ!(涙」みたいな会話じゃないかと推測)
でも実際触ってみると、鍋は熱くなかった・・・。電磁調理器だったから?とにかく私たちは「うわーー驚かせちゃった!ごめんごめん^^;」としきりに申し訳なく、でもその店員さんのあわってっぷりがおかしくて(ごめん・・・)笑ってしまいました^^;英語が出来るマネージャーさんが来たので、英語が出来る友達が「熱くないのかと思ってびっくりしたんです」と言ったら笑ってさっきの店員さんに説明してくれていた。・・・ほんとごめんよ^^;

しばらくすると、頼んでないけどスイカとメロンの盛り合わせが。多分これは無料のお口直しらしい。ホテルの朝食でも前日の団体行動で行ったレストランでもそうだったんだけど、スイカが必ず出てきていました。すごくおいしかったし、冬に食べれるなんて贅沢な気分!
清算をテーブルで行ったんだけど、一人120元(1560円)くらい?すごくおなか一杯になったのに!お店を出るときは、店員さんが並んでお見送りしてくれました。本当に良いお店でした^^

お店を出てすぐにタクシーを拾い、向かうはスウェーデンの家具屋のIKEA!上海では「IKEA・宜家家居」と書きます。ここはスウェーデンに関係する仕事をしている私としては絶対行ってみたかったところだし、何より日本にはまだ無いんです!(2006年に横浜と千葉ザウス跡地に出来る予定)

場所は上海体育館近く。地下鉄で行くなら地下鉄3号線(明珠線)漕渓路駅降りてすぐ。外観がスウェーデンカラーの青に黄色の文字でIKEAと書かれているのですぐわかるはず。

IKEA公式サイト(日本語)
IKEA上海(中国語サイトを翻訳サイトに通しています)

さて着くと・・・おなか一杯で疲れも出てきているはずなのに、みんなの目が光る!雑貨がもーーのすごい広い建物の中に盛りだくさん!でも着いたのが閉店1時間前。入ったら黄色と青のどでかいショッピングバックを渡されるんだけど、その中に歩きながら気になるものをばんばん入れていかないと見切れない!

写真がないんだけど、こちらのサイトには豊富なIKEA上海の写真がありますのでご覧ください。このようにものすごく楽しそうな雑貨たちが盛りだくさん!しかも安い!

上記サイトの下から2段目左のように、スウェーデンデザインのシンプルな組み立て家具が天井まで積まれていたんだけど本当に安いんです。これ北海道に出来たらきっと買いまくると思う・・・

店内の説明をすると、入るとすぐにエスカレーターがあるのでまず2階に上がります。
<2F>
LIVINGROOM → STORAGE(収納家具)→DININGROOM→KITCHENS→OFFICEFURNITURE→BEDROOM→HALLFURNITURE→BATHROOM→CHILDREN'S IKEA→レストラン&カフェエリア→1Fへ

<1F>
SMALAND(子供用だったかな?)→COOKSHOP→TEXTILE(布製品)→RUGS(敷物)→BATHSHOP→HOME ORGANISATION→LIGHTING(ライト関係)→POSTER&FRAMES→GIFTSHOP→GREENROOM(園芸)→SELF SURVICE FURNITURE(自作家具)→BARGAIN CORNER→CHECK-OUT(会計)


このコーナーがひとつひとつ大きいんです。ここは1日居ても飽きないかも!

22時閉店の最後の客になるくらいまでいて、タクシーでホテルへ。買った荷物を置きに帰りました。まだどこかへいくのかって?はい、マッサージへ!

ホテルの人に電話してもらって予約し、23時ころタクシーに乗って行ったのはマッサージ店。
「三希健身(13:00~1:00 年中無休)」というところで、
虹橋地区という日本駐在員が多く住む地区にある虹橋公寓(RAINBOW PLAZA SHANGHAI)という建物の2階にあります。
中は落ち着けるように薄暗いんですが、とっても清潔で日本語も通じます。
足(ひざ下)か全身コース40分80元(1040円)、1時間120元(1560円)と
他のところよりはちょっと高いけど、それでも日本よりは格段に安いし、なにより巧い!
私は足コースを。
ゆったりかけられるソファに座っていると、飲み物を持ってきてくれ、首下に暖かいタオル
(というかアイスノンの暖かい版)を置かれます。
次に足をウーロン茶が入っている洗面器に入れるんだけど、これが熱い!
ぎりぎり耐えられるくらいの熱さで最初びっくり!
すると私についてくれたマッサージ師さん♂が「ちょっと熱い、ちょっと痛い、効きます^^」と(笑)。
熱さも入れているうちに慣れてきて疲れた足がすっきりしてくる。
次にマッサージ開始。足ツボマッサージなんだけど、私の体が悪いところが無かったのかあまり痛くない!
痛かったところは「肩・首・腰」そして「寝不足」だと^^;あたってます・・・前日寝れなくてあまり寝てなかったのだ。

クリームをつけた指でぐりぐり。痛いところもあったけど、本当に気持ちよくて。
終わると靴下まで履かせてくれました^^
受付横のソファに座っているとまた飲み物を持ってきてくれました。
私たちが最後のお客さんになってしまい、終わって靴を履くとこれが靴がゆるくなってる!
本当に良かったですよ!

外に出ると回りは真っ暗。しかも夜中1時。ちょっと怖いです。流しのタクシーもあまり通っていなかったけど、ようやく来たタクシーを捕まえホテルへ。
ホテルに着いたら荷物をパッキング。と思ったけど、次の日の朝は集合が6:15とアリエナイ時間で起床5時予定。パッキングもままならないまま寝ました・・・寝たのは2時ころ。
[PR]
by atuko-k | 2005-03-21 00:11 | Trip