風に吹かれるままつらつらと。


by atuko-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メール<電話

メール?電話?顔を見て?

実はこれを書いたとき、ある人にとても大事なことを伝えなきゃいけなかったんです。
目を見ながら話をしたい。
でも、忙しすぎて会うことは出来ない。
電話をしても夜中まで仕事をしている人だから、電話もしたくない。

ということで、メールを送りました。
でもトラバ先でも書いているとおり、思っていることを誤解されたくなかったので
素直に思っていることを書いたんです。
『曖昧に書いて変に誤解されるのは嫌なので、ストレートに書くけど』
『メールだとニュアンスとか意味合いが変わってしまう恐れがあるから
 顔見ながらこの話しようと思っていたんだけど、
 忙しいのに『会いたい!』というのは気が引ける』
とね。

しばらくこの件について連絡が無かった。
かなり重要な、深刻な話だったので連絡が無いことに苛立ち、腹が立ってきた。
そして「やっぱり会うのは無理でも、電話にすればよかった・・・」と後悔した。

ところがつい先日、残業した会社帰りに電話がなった。その人からだった。
仕事の休憩中に電話をくれたようだったので、家に着いてから掛け直す時間も無いので
車通りの少ないところに曲がって車をとめ、話をした。

すぐに、連絡できなかった理由を話してくれた。
それはその問題に対して、忙しい中最善を尽くしてくれていたからだと判明した。
その後、仕事の忙しさとかたわいもない話をした。
ずっといらいらしてしまっていた気持ちが、この電話一本ですーっと無くなっていた。

多分、電話で話した内容をメールにされていたら、
私はこんなにすっきりしなかったかもしれない。
恐らく、それは声色や笑い声や声の明るさから判断できる一切のものがメールには無いから。

顔文字を使ったとしても、結構ヘビーなこの問題を文字に書くのも難しいだろう。
私もその人が忙しい中、難しい問題を投げかけてしまったことに対して
引け目を感じていたので、電話の声で救われた。

やっぱり私の中の不等号は『メール<電話』だな。うん。
[PR]
by atuko-k | 2004-04-22 03:15 | Think