風に吹かれるままつらつらと。


by atuko-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Trip( 15 )

まず、始めに・・・

札幌より寒かった!

暑いと思ってあせってTシャツ買って行ったのに、
結局上着を脱ぐこともほとんど無いほど・・・
天気も悪くて、さらに雨まで降っていたりしてなんだかがっかり。
札幌はピーカンで25度超えるくらい暑い!とメールがガンガン・・・

まず初日、空港に着いてから渋谷をうろうろ。
なんとなーく記憶で、前回行ったお店に行こうと歩いたものの、
全く違う方向を歩いていたらしく、見つからず^^;
(後に地図を見たら間違っていた)

その後、友人Sとダーツバーへ。
ぼこぼこにやられるも、久々に会えた友人だったので大満足!
19時くらいに止まらせてもらう友達Tが仕事が終わったということで、
ダーツをやっていた友人と別れて、Tの家近くの焼き鳥屋へ。
そこでクダ巻いてへろへろになって家に帰ってまいりました。

2日目。
お昼を我が社の本社の人とご飯を食べるために、
本社近くの駅で待ち合わせ。
(うちは部署によって休みが違うため、本社は勤務中だったのです)
おごってもらい、Tと合流して千葉のIKEAへ。
いやー東京駅で乗り換えたんですが、京葉線の乗り場が遠い!!!
びっくりしたなー
a0004449_23485948.jpg南船橋の駅の目の前にIKEAが。周りに公団かな?本当に回りは栄えていなく、ちょっと古めかしい公団があるだけで、本当にびっくりしました。前はザウスがあった場所ですが、こんなに何も無いところだったの??


店内は、スウェーデンや上海に行ったIKEAと同じく2Fからスタート!
部屋の大きさごとに家具や小物がセッティングされていて、すごく見ごたえアリ。
こういうディスプレイを見ながら自分の部屋をイメージしつつ、
どれを買うか考えられるというのはかなり画期的ですね。

a0004449_23504947.jpg2Fの終わりごろには、レストランが。ちょっと休憩しようということで、写真のものを頼みました。
手前のケーキは、Daimという薄いキャラメルの板の周りを薄くチョコレートでコーティングされたお菓子があるのですが、それのケーキバージョン。見た瞬間異常に興奮してしまい、友人に飽きられました^^;右側がショットブッラル(肉団子のジャム添え)と左側のLax(鮭)のマリネ。うまいーーー!ちなみにこれらは1Fレジを出た目の前のフードマーケットで買えます。
肉にジャムをつけるなんて・・・と思うかもしれませんが、びっくりしないで是非試してみてくださいね!

結局3時間以上いたわけですが、なんと品数が少ない・・・
というのも、GWの大混雑でなくなってしまったものの在庫が品切れ続出で、
欲しかったものが全くなくなっていたのです。何しにいったんだ・・・私は・・・

ということで、IKEAに行こう!と思っている方は、
絶対に今月行ってはいけません。
在庫がそろってから行かないと、絶対印象悪いまま帰ってくることになります。
また、この時期に行ってつまらなかったと思っている方がいらっしゃいましたら、
是非来月あたりに物がそろった頃にもう一度行っていただきたい。
本当にみんなが「欲しい!」と思うものが全くなくなっていました。
これは断言します。

スウェーデンでも上海でも同じものが置いてありました。
ということは、千葉にも同じものがあるはず。
スウェーデンに2月に行ったときに、
欲しいと持ってあきらめたものを買おうと行ったのに、
それらが全く無かったというのは、本当にがっかりでした。
これほどまでになくなっているとは・・・

ま、そんなこんなで帰ってきてご飯食べて即効就寝。
疲れていたんだねぇ・・・

3日目。
朝Tは仕事へ。
私は行きたいお店が11時からのため、
それまで家でのんびりして荷造りをしていたのですが、
AIRDOのサイトから座席変更ができるので、
窓際を取ろうとネットを立ち上げたところ、なんと「欠航のお知らせ」が。
あせって指定された電話番号に掛けた所、ANAに振り替えるとのこと。
ちょうど良い時間が全て満席になっていたため、
仕方なく予定より30分も早い飛行機で帰ることに。
帰ってから原因が↓であることがわかりました。
エア・ドゥ機に鳥衝突、主翼に30センチの穴(Yahoo!)

家を出たのが10時半。
いやーなんで10時半なのにアンナに人が混んでるんですかね?
(井の頭線です)
田舎物の私としては、神泉で降りたかったのに、
人を掻き分けることもはばかられて渋谷まで行って
乗り換えて戻りました・・・

スウェーデンファブリックを置いてあるお店に行き、
渋谷をしばらくぶらついて、友達に鍵を返すべく目黒へ。
ちょうどお昼休みに行ったので一緒にご飯を食べてお別れ。

その後、新宿で友達Kに会って中村屋でお茶。
しかし、帰る予定が30分早くなってしまったため、慌しくしか会えなかった。

慌しさを誤りつつ、用事があった西新宿方面へ。
実はIKEAの次に、この西新宿もかなり楽しみだったのです。
まぁ詳しくは言いませんが、ブートやさんが多いんですよ、西新宿は。
そこでどうしても欲しいCDを探すべく、事前に色々調べていたのです。
で、一軒目のブートやへ。
怪しい感じのマンションの1室が住所だったんですが、
大きい通り沿いにありすぐに見つけられました。
意を決して中に入ると、そこは普通のCDやさん。
そして一軒目にして探し物を見つけて大興奮!!
あまりの嬉しさに店員さんたじたじの興奮状態で店を後にしました。

せっかくだからもう一軒目をつけていたブートやにも行って満足し、
その後、靴屋さんへ。

私、足大きいんですよ。26cmもあるんです!(汗
なので、ほとんど通販で買っていたのですが、
その実店舗がこの周辺に。
昔行ったことがあったのですぐにわかって中に入ると、
私のサイズの靴が盛りだくさん!!
a0004449_016189.jpg嬉しくて色々履いていると、見えにくいところにあった靴に目が留まった。その瞬間、これ!!!と思い見るとなんとセール値段で3000円も安くなっていたのです。運命ですねぇ、物との出会いも。

大満足で新宿駅に向かい、空港へ。
そして、雨の東京を後にし、星空の北海道へ帰ってきました。


今回行って改めて思ったのは、北海道に住んでいる私と、
東京に住んでいる人とは見ているものや聞いているものが違うんだな、
と感じました。
家との間隔、道路の幅、電車の中、移動方法、
そして何もしていなくても聞こえてくる音。
3日目は一人で歩いていたので、MP3を聞きながら歩いていたのですが、
それが聞こえないほどの音が溢れすぎていて、正直疲れてしまいました・・・

人に酔い、音に酔い・・・。
普段人口の少ないところから行くには、やっぱり東京はつらいなぁ、
と再確認してしまいました・・・。
[PR]
by atuko-k | 2006-05-19 00:27 | Trip
この日は、ノーベル授賞式が行われる、市庁舎の見学。
10:00と12:00の一日2回、市庁舎内ツアーとしてガイドと一緒に中を回ります。よく目にするストックホルムの写真はこの市庁舎の塔から撮影されたものが多いくらい、とっても景色がよいのですが、この塔は冬の間閉鎖されているのです(涙

朝ホテルを出て、歩いて市庁舎まで。この日も天気は悪かったのですが、やっぱり歩いているといろんなものを見ることが出来ておもしろい!
a0004449_21373450.jpga0004449_21384629.jpg
a0004449_21391358.jpg歩いている最中にいろいろ撮影していたのですが、建物にとっても興味のある私たちは写真撮りまくりすっかり観光客です^^;

途中、迷いながらも地図を見て辿り着いた市庁舎。
なんだか、いつも写真でしか見たことがないところにいるのは、とっても不思議な気分でした。
a0004449_2145342.jpga0004449_21453322.jpg
これは迷いながらも市庁舎を遠くに見つけたときに撮った写真。川が凍っています。
a0004449_21472395.jpga0004449_2148111.jpg

市庁舎の中は塀で囲まれたようになっているのですが、ちょうど屋根の雪下ろしをしていました。(左側の写真)

12:00までちょっと時間が早く着いてしまったのですが、建物の受付があるところはちょっとしたショップになっていたので、色々見ていると、どこの国籍かわからない観光客がたくさん集まってきました。
a0004449_2153350.jpg
そして、時間になり中へ。まずは青の広間から。この階段が、ノーベル受賞者が降りてくるアノ階段です。どうして青の間といわれているかというと、当初、青い色に壁になる計画だったそうで、このような名前になったそう。今は、赤レンガの表面を突いて細かい痕を残しているようで、これを「敲(たたき)仕上げ」というそうです。そうすることで、やわらかい音響を持つことが出来るんだそう。

a0004449_23463953.jpgこれは、ストックホルム市議会の会議場。2週間おきの月曜日に市議会が開かれるそうです。家具はカール・マルムステンのデザイン!

a0004449_0183811.jpgもっと色々な部屋を回ったのですが、これは黄金の間。ノーベル賞受賞式の後、この金ぴかの部屋で舞踏会が開かれます。正面には東西の国々をたたえるように、メーラレン湖の女王が座しています。1800万枚の金箔、ガラス、陶器が貼られています。本当にすごいです!

a0004449_0214376.jpgそして、この部屋から、最初に見た青の間に出るのですが、ノーベル授賞式では、受賞者が自分の席へ着くためにこの階段を下りていくのですが、同じ階段を下りました^^;なんだか緊張・・・


これでツアーは終了。すべて英語での説明だったので、私には全くわからんちん。でも日本語の説明書(紙一枚ですが)を渡していただけますし、自分が持っていたガイドブックにも色々書かれていたので大丈夫でした!
その後、併設されていたショップでお土産などを買って、市庁舎の裏手に出てみると、海が!しかもここからの景色がとっても綺麗!
a0004449_0364987.jpga0004449_0383975.jpg

左はガムラスタン側で、右はソーデルマルム側です。

色々写真を取り捲っていると、夫婦でこうごに写真を撮っている観光客らしき方々を発見。友達が撮りますか?と声をかけてみると、なんとインドから来た老夫婦でした。とっても寒そうに、分厚いダウンをもこもこ着ていたけど、なんだかとっても幸せそう^^

a0004449_0352356.jpgその後ストックホルム中央駅へ。寒かったので、駅でコーヒーを飲みながらパンやケーキを食べてお昼ご飯。で、この左側のシュークリームのようなものは、セムラというケーキで、この時期にしか食べられないものなんです。これが食べたくってねー!パン生地に甘くない生クリームと甘いピーナッツクリーム!おいしかった・・・また食べたい!

その後、ヴァーサ博物館に行くためにバスに乗ることに決め、3日間地下鉄、バスなど乗り放題になるツーリストカードを買いました。

<続く>
※思い出しながら書いているので、途中途中で止めてすみません^^;
[PR]
by atuko-k | 2006-03-18 00:44 | Trip
前の晩、時差の関係やら長時間の飛行機の中の無理な体勢での睡眠など、疲れがたまってものすごく早く寝たので、元気モリモリ!かと思ったら、磯hに行った2人はまだ調子が悪いらしく・・・とはいえ、歩けないほどではないので、とりあえず朝ごはん!

a0004449_23103117.jpg朝はビュッフェスタイルだったんですが、パンの種類が豊富!クロワッサンは焼き立てだし、硬いパンは自分で好きな厚さをきるという方式。チーズも豊富、ハムやベーコン、スクランブルエッグ、そしてヨーグルトは脂肪分別に5種類くらいありました。それ以外にもフルーツヨーグルトもあったり。それにシリアルやら、ドライフルーツやらを入れて食べられます。飲み物もコーヒー、紅茶、そしてチョコレートドリンクなど本当に豊富でしかも全部おいしい!
お皿に乗っかっているのは、ハムやら卵ですが、ニシンのこしょう焼き??なのかな、これがおいしくて毎日食べていました。あと向こうは肉団子!ショットブッラルというんですが、これにジャムをつけて食べるのです。え”!と思うかもしれませんが、おいしいんですよーこれが。帰国直前までには、ジャムに全く抵抗がなくなって、無いのが寂しいほどになっていました^^;

その後出かける準備をして、ホテルを出てとにかく街に向かって歩き出しました。
なんかドキドキしたことを覚えてます・・・なんてったって夢のストックホルムを歩いているんだから!考えられない!!でもこれ現実だから!と自分に言い聞かせながら歩いてました^^;

何度か道に迷い、でも迷っている間に歩き抜ける町並みは、私がテレビで見たことがあるヨーロッパの雰囲気とは全く違い、ヨーロッパのような華やかさはないんだけど、でも寂しくなくてむしろ「シンプルで良い!」と思えてしまう絶妙なデザイン。さすが!

a0004449_003418.jpgしばらくうろうろ迷いながら歩いていると、大通りのKungsgatanへ。ちょっと暗いのは天気が悪かったから。建物と、向かい側の建物にワイヤーを通してそこに電飾をつけている場面をこの語何度も見かけました。日本ではあまり見ないですよねー。

a0004449_02283.jpgこれはこのKungsgatan沿いにあった階段。なんだか「ぽい!」っていう雰囲気だったので思わず撮ってしまいました^^;

その後、還元率が良いと言われているForexで両替。入り口で番号札を取って待っていると窓口についている番号が変わってそこに行く、という方式。日本のお金を出すだけでわかってくれるけど、5000円札は出来ないと聞いたことがあるので、そこは注意しないといけないかも!

a0004449_083375.jpgさらにまた歩くと、文化会館を正面にセルゲル広場が見えてきます。朝だったからか、出勤時間がもう終わっていたからなのか、それとも日本より圧倒的に人口密度が少ないからか、人はまばらでした。

a0004449_1274449.jpgそこでふと見つけたのは、H&M!日本にはまだ入ってきていませんが、”スウェーデン版ユニクロ”と一部言われたりしていますが、とにかく安かった!(2,000~3,000円くらいかな?)安いけどデザインや色使いはすごく良くて、思わずいきなり大きいバッグとカーディガンを買ってしまいました^^;このかばんは今使っていますが、本当に使いやすくて良いですよ!

a0004449_0242289.jpgその後2人から「体調が悪いから歩き続けるのは困難」という判断から、IKEAに行くことに。IKEAへは、Gallerianという複合施設の近くから無料バスが出ることは知っていて、そこに歩いていくとバス停はたくさんあるんですが、私が想像していた「IKEA」と書いているバス停が見当たらない!どっち方向に走っていくかもわからないので、両方向の道を歩きながら見てもわからない。仕方ないので、近くのお店の店員さんに聞いてみると最初きょとんとした顔をされた後、指を指されたのはなんと店の目の前。想像していたよりも小さく「IKEA」と書かれていたのですっかり見逃しました(汗

1時間に1本バスが出ていたのですが、あと30分ほど時間があったので、近くのお店に入って雑貨を物色。か、かわいい・・・しかし、ここで買ってはIKEAに行ってから荷物が多くなる!と思い我慢しました^^;

a0004449_050029.jpgやっとバスの時間になり外で待っているとぞくぞくと人が集まってくる!そしてバスが来るとぞくぞくと乗り込んで、IKEAへ出発!多分20分近く乗っていたのではないでしょうか?高速道路に入り、窓の外を見ながらストックホルムを満喫していると、見たことががある青と黄色の建物が!

a0004449_0505146.jpg中に入るといやがうえにも興奮状態。中は、このように円を描いています。建物は3Fまででそこにはレストランもあります。ちょうどお昼頃だったので、まずレストランに行きました。じゃ、また食べ物を見ていただきましょう^^;


a0004449_054546.jpg右はレストランの全景。赤いいすがかわいい!下は私たちが食べたものです。おいしかったですよー!しかも安い!レストランメニューがサイトにあるので見てみてください^^
a0004449_0543237.jpga0004449_0545977.jpg

おなかが落ち着いてから、ようやく店内探索。おもしろい。おもしろすぎ!今年4月に千葉のザウス跡に日本第1号が出来ますが、雑貨好き、家具好きな方は是非見に行ってみてください。興奮すること請け合いです。何と言っても、色の使い方、デザインのシンプルさがとてもよい!そして安い!品質的にはやっぱり安いだけあるのかもしれないけど、私的にはものすごい満足でした。ここで大量に買い物し、レジへ。
ここで失敗したんですが、自分で買ったものをベルトコンベアに乗せて会計するのですが、前の人と分けるために、黄色い棒を置いてから自分のものを流すんです。それをしなかったため、前に会計していた友達と一緒に会計されてしまいました^^;これは要注意です!その後、スーパーなどで買い物をしましたが、同じような方式でした。

a0004449_1282575.jpg買ったものはこれらです。プラスチックの6色コップや、ベットカバー、皿を洗うときに使うブラシ、友達から頼まれた写真立て、1リットルの水差し(っていうのかな?)。この他にも、小さめのお盆やペーパーナプキンも買いました。

その後、また無料バスに乗り市内へ。戻るときもたくさんの人がいたので私たちは立っていたのですが、2人がけに一人で座っていた女性の方が席を譲ってくださったのです。私たちが大丈夫です、と言ったけど、是非是非と。すごく嬉しかったです。
この親切は、その後無料バスが駅に着いて降りた後、今どこにいるかを確認するために地図を広げているときもありました。地図を広げた瞬間、おじさんが近寄ってきて「わかるかい?」と多分言いながら一緒に地図を見てくれたのです。この後もあらゆるところで本当に親切に、そしてにこやかに、言葉がわからない私たちに親切にしてくれました。感激です。

a0004449_136637.jpgこれはストックホルム中央駅。とても活気があって、お店もたくさんありましたよ!


まず一日目、歩き疲れた私たちはホテルに戻ることに。地下鉄に乗ろうとしたけど、切符をどうすればよいかわからなかったので、駅員さんにホテル近くまでの駅に行きたいと告げると、にこやかに安く済むように回数券を提示してくれて、3人分切ってくれました。ほんとーに親切!

地下鉄に乗るのは簡単でした、とってもわかりやすいの!多分どなたが行っても大丈夫です。構内も日本と変わりなく混雑してるけど、とても整然としていました。

ホテルに戻り、疲れたのでホテルのレストランに行くことに。ちょうどオリンピック期間だったので、オリンピックメニューなるものがあって、それを食べることに。レストランの中の照明は最小限に抑えられていて、各テーブルのキャンドルだけで明かりを取っているだけだったけど、それがとっても雰囲気が良かった!料理もおいしかったです。

おなか一杯になったところで部屋に帰り、オリンピックを見ながらぐっすり寝ました。
<2日目完>
[PR]
by atuko-k | 2006-03-12 00:26 | Trip
私が一番行きたかった国、それはスウェーデン。北欧ではなくスウェーデンです。それは、スウェーデンに関係している仕事をしている上で、色々国のことを調べていくうちにどんどん好きになり、どうしてもこの目で見てみたい!と思うようになりました。

昨夏、骨折で入院した後、そのキモチがどんどん大きくなり、行く宛も無いのにガイドブックや会話集を買いためしていましたが、旅行代金をふと調べてみたら想像した以上に安く行けることが判明!これは行くしかない!しかも行くなら1週間!
しかし仕事をそんなに長く休むことが出来るのか・・・?と思っている中、社員旅行が2月に決定、その間休みになるため、これにくっつけていけばよいのでは?という考えが浮かび、一気に実現になったのです。

という思い出はさておき、当日1日目のお話をば。
______________________________________________

朝起床は4時。前日「3人で電話で起こしあおう」と約束し、
私が起きると同時に一人から連絡が来るも、もう一人が全く電話に出ない!
20回コールを3回続けても出ず、ものすごくあせりましたが、最終攻撃として家の電話にかけたらあっさり起きてものすごくホッとした・・・

6時の電車に乗るために5時45分に札幌駅で待ち合わせ。
無事3人そろい、新千歳空港へ。
チェックインし、スーツケースを預け荷物はここから直接スウェーデンへ。

その後、空港内にある佐藤水産でおにぎり購入。
このおにぎり、本当においしいんです!!!
場所は、出発口がある2Fの駐車場へ続く橋の手前にあります。大きな水槽が目印。
思いっきり大きくて、確か350円だったかな?

購入した後登場口に入り、時刻どおり搭乗、出発。
a0004449_23313174.jpg飛行機の中で食べたおにぎりはコンナ感じで中身が満載!鮭とすじこのコンビネーションを買ったのですが、朝早かったので「こんなに大きいの食べられないよー」と言っていた全員が、完食したほどおいしかったです。

さて、そうこうしているうちに成田着。
成田は去年の上海で来ていたので大体わかっていましたが、SAS(スカンジナビア航空)の窓口が遠い遠い!!一番端っこでした^^;

そこで成田ーコペンハーゲン(正式名称はカストロップ空港)、コペン-ストックホルム(アーランダ)までのチェックインをしたら、もういよいよ後戻りできないキモチに。

成田で免税を見たり、飲み物を飲んだりしながら時間を過ごし、いよいよ搭乗口へ。
a0004449_23324291.jpgこの飛行機に乗って行きます。
搭乗口前は、卒業旅行なのか学生ぽい若い子がたくさん!いいねーそんなに若くてヨーロッパ行けるなんて^^;

憧れのSASに乗って、どきどきしているといよいよ出発。SASは日本発着の便には日本人の乗務員が2人います。

この飛行機、コペンハーゲンまで行くのですが、なんと札幌上空を通り、ロシアを通っていくのです!知らなかった・・・札幌から来た私らは「うそー!」って感じ。札幌から乗せて!と笑ってましたが^^;

そしていよいよ待っていた機内食!私はこれが楽しみでねー♪
a0004449_2337344.jpgこれがねぇー非常においしかった!パンも暖かく、ケーキもおいしかった!

a0004449_23404129.jpgしかも見てください、この塩と胡椒の入れ物。なにこの絶妙な色使い!

a0004449_23515294.jpgその何時間後かにまた出てきた機内食。今度はコンナにかわいいランチパックに入ってきました。


a0004449_23521875.jpg開くとこうです。銀紙はチーズとハムが挟まったパンで、これが熱くて!おいしかったー!(おいしかったばかりですね^^;)

a0004449_23534474.jpgそして先ほどの塩・こしょうに続き、こんなキュートなおしょうゆ入れ。おしゃれだー。

寝ては食べ、食べては寝てを10時間半繰り替えし、ようやくコペンのカストロップ空港についたのは、日本時間で夜中の約0時半。でも向こうでは16時ころです。

この空港がEU初入国になるのでここで入国審査を終えると、スウェーデンでは入国審査がありません。入国審査を終え、てくてく乗り継ぎ搭乗口まで歩いたのですが、結構遠い!到着が結構早かったので安心でしたが、これ正常どおりだったら結構あせっていたかもです。

a0004449_013315.jpgスウェーデンへの搭乗口へ向かう通路。この空港は日本の空港のように搭乗案内の放送はされません。なので、自分でところどころにある画面で自分が乗る飛行機の搭乗口を確認して、自己責任で向かいます。私が成田からの飛行機の中で確認した登場口と、空港についてから画面で見た搭乗口が変わっていたので、必ず確認するようにしましょう。

で、登場口まで行くとそこはすごく素敵な待合室!もーデザインが北欧そのもの!なんですが、ここは撮影禁止のピクトグラムが・・・残念。英語などがわからなくてもピクトグラムがとてもわかりやすいので、非常に便利でした。

17:00発のアーランダ空港行きの案内があり、搭乗すると、もーなんと格好良い男性乗務員が!女性の乗務員手向こう少ないんですかね?このアーランダまでの飛行機の中では、男性ばかりでした。

横5列の小さな飛行機に乗って1時間、夢だったスウェーデンに入国!着いて、荷物を取りに歩いていると、両脇の壁にスウェーデン出身の有名人の写真がずらり!あれは圧巻だった・・・が、そのころもうヘロヘロで、写真を撮っていないんです・・・ものすごく残念!あれ撮っておけばよかった・・・。

荷物を取って、出口へ歩いていく途中に犬が一匹。麻薬検査犬ですね。
私ともう一人が「かわいいねー」などとのんきに話していたら、もう一人が通ったときに犬に「クゥ~ン」と言われ、連れて行かれてしまった!!これにはびっくりしてしまい、どーなるのどーなるの?と思ってひやひやしながら待っていると、10分位してやっと戻ってきて、中身を全部出され、怪しそうなものは直接臭いを嗅がれたそうだ。結局なんだったんでしょう・・・?なにはともあれ、何も無くてよかった・・・

そこから出口に出て、すぐ両替をし(私は1万円ほど)、タクシーでホテルまで行くことに。
タクシーは、表に出るとすぐいるんだけど、ドアのところに「Arlanda←→Stockholm ○SEK」と書かれたシールが張られており、それだと市内まで定額で行ってくれるのですが、
これが会社によって料金が違います。最初に見たタクシーはベンツ製のもので、これは490SEK。高い!ということでもう一つのほうをみたらボルボ製で390SEKだったのでコレに乗ることに。

タクシーの運転手さんと色々話をしたのですが(英語で、しかも堪能な友達が^^;)、
イラクからの移民さんで10年前にスウェーデンに来たということや、スウェーデンに来る前は、イラクで化学兵器を作っていたんだよ、とか、日本の車はエンジンがとてもよいけど、塗装がすぐにはげてしまうんだ、とか色々教えてくれました。
高速でStockholmまで向かう間の景色は、言ってみれば、ローカルネタで申し訳ないですが、
恵庭らへんを走る道央道って感じ(オイ!)でも本当にそんな雰囲気で、全く違和感無く思っていたのです。雪もうっすら積もっているしね。なんか北海道って言ってもあまり変わらない感じでした。

ホテルの住所をよくわかっていなかったらしく、途中の歩行者に聞いたり、地図を何度も見せたり、一生懸命探してくれて、着いたところはさっき走った場所の近くジャン!というところだった^^;
40分位の乗車でしたが、別れるのが名残惜しくなるほどとっても良い方で、降りるときに「何か困ったことがあったら電話しなさいね」と言ってくださいました。

ホテルに着いて回転ドアをくぐると、なんと素敵なカウンター!
ちょうどバレンタインだったということもあり、チョコレートとイチゴ味のグミのようなものが山盛り置いてあって、「食べて!」と^^すごくおいしくて、このグミのようなものはお土産で買って帰りました。

無事チェックインを済ませ、部屋に入るとこれもまたなんとシンプルで素敵な部屋が・・・
a0004449_0415497.jpga0004449_0424899.jpg

a0004449_045261.jpga0004449_0435839.jpg

a0004449_13691.jpg
あ、このホテルはBirger Jarl Hotel(ビリエルヤールホテル)というホテルなのですが、
有名なデザインホテルで、この7階の部屋はスウェーデンの有名なデザイナーが
一人一部屋デザインしているのです。
そういう部屋に泊まりたかったけど、この普通の部屋でも十分すばらしい!
ちなみに、スウェーデンは窓枠は木、暖房はパネルヒーターになっています。
このホテルも同じように木枠のパネルヒーターでした。(暖かかったー)

この日は、もう何も食べず、すぐに寝ました。
日本時間ですでに朝4時くらいで、足を伸ばして眠りたくて着いて早々ごろごろしてました^^;

ということで、第一日目のながーい一日が終わりました。
[PR]
by atuko-k | 2006-02-27 00:57 | Trip

帰ってまいりました!

昨日ですが帰ってまいりました!
今日はがんばって仕事いってきました!
旅行中風邪を引いてしまい、というか一緒に行った2人から風邪をもらってしまい、
数日具合が悪くて動くのも億劫になるほど気分が沈んでいましたが、気力で乗り切りました。

旅行記アップするまでに膨大な時間がかかると思われるので、
とりあえずこの旅行で感じたことを列記しておきます。

・とりあえず出発日朝起きれて一安心。
・スーツケースの総重量は20kgまでなのに、出発時点で15.5kg。(うち水2.5kg)
・コペンに早く着いたのでまったり出来た。思ったより喫煙所もあった。
・しかしスウェーデン着いたら、喫煙所は無し。(外のみ)
・空港からタクシー乗ったが、道迷っちゃったけど運転手さんがとてもよい人でいきなり感動。
 (イラクから来た移民さんで、昔は化学兵器作っていたそうな)
・ホテルがとてもよくてちょー感動。
・一緒に行った2人から風邪移って、2~4日目ゲロゲロに。(薬もらって乗り切った)
・途中でネットしようと思っていたけど、街に夢中でそれどころではなかった。
・毎日睡眠時間8時間は取っていた。(日本ではありえない規則正しい生活)
・ホテルの朝食最高。
・みんな良い人ばかりで、何度か感動泣きしそうになったのは内緒。
 (地図広げていただけで、何度か話しかけてくれた)
・ホテル裏のマートの店員さんが空手の師範?だったようで、片言の日本語で話しかけてくれた。
 (最終日にもう一度行ったらまた会えて、住所教えてもらって写真一緒に撮った)
・スウェ語は「指差し会話帳」でOKだったが、やっぱり英語は最重要。
・この4日間で、街は把握した。(もう一度行ったら案内できるほど)
・雑誌で見ていた靴屋さんに行って、念願だったサンダルを手に入れた!
・でもこの旅行中一体いくら使ったのか、いまだに怖くて計算できない。
・一緒に行った一人は、空港の麻薬検査犬にクンクンされて、連れて行かれた。(荷物の中全部出されたそうだ)
・その後、この人はいろんなところで引っかかっていた。(空港でピンポンなったり)
・あと、子供にも見つめられた率No.1だった。
・旅行中、日本人に会う事は、一日1組あればいいほうだった。
・だから日本語に飢えていた。
・TVでフィンランドVS日本のサッカーの結果が逆に放送(FIN2-0JPN)されて、負けたんだと思ったら、
 帰りの飛行機の中で新聞見て間違いだと発覚。
・その他にも、オリンピックの結果で日本選手のところに出ていた国旗マークが全然知らない
 国の国旗になっていたことがあった。(これはCNNで)
・スウェーデンのTVではカーリングとアイスホッケーばかり放送されていた。
・でもすごく面白かった。てか男子カーリング選手好きになった。
・みんなスタイルイイ!しかも女の子かわいい子ばかり!人形みたい!
・本当にみんな親切。私も旅行者に親切にしてあげようと思った。
・写真は約350枚撮影。(動画もあり)
a0004449_261029.jpg・帰りのスーツケースは20kg制限だったのに、24.5kgにもなっていて「Heavy」タグつけられた。
 (エクストラバゲッジ代は取られなかった)





a0004449_272732.jpgガムラスタンの通り。これは、今私の目の前にあるカレンダーの2月部分の写真と偶然おんなじ場所の写真でびっくり!

a0004449_291425.jpg地下鉄中央駅のホーム。岩盤が固いので、それを利用して彫ったままの肌質のまま、芸術家が一つの駅を担当してデザインするということをしているのです。この駅は超有名!




写真は350枚くらい撮ったので、少しづつ書いていきたいと思います!
[PR]
by atuko-k | 2006-02-22 02:15 | Trip

スーツケース買いました

結局スーツケースを買いました。
高さは悩んだ挙句、一番大きいのから一回り小さい
H65cmを選びました。

で、今日それが届いたんですが、
a0004449_0541520.jpg

デカイよ!これ!
想像以上にでかかった・・・
けど、このくらい無いと手にモノ持って帰ってくるのイヤだし!

色は、ピックアップするときに目立つように赤。
今まで色々行ったときも、
シルバーとかだとたくさん同じようなものがありすぎて、
わからなくなっちゃうから、目印代わりね^^;

でも最近赤買うこと多いかも。
デジカメも赤だし。
今まで赤なんて買う事無かったのになぁ。

それに、友達に撮ってもらったBSフジで放送されている
「ストックホルム完璧MAP」を見て、もー完璧!

さて・・・そろそろぼちぼち荷造りし始めるか・・・
忘れちゃいけないものを今のうちに入れておかないと忘れそう^^;
[PR]
by atuko-k | 2006-01-29 00:55 | Trip

静内の二十間道路の桜

昨日(あ、もうおとといだ)水曜日に静内(札幌から3時間くらい)のところへ
桜を見に行ってまいりました。

静内の桜と言えば、「二十間道路」の桜!
日本の道100選や桜の名所100選にも選ばれているこの道、
なんと全長7km、道幅二十間(36m)の両側に桜が植えられています。

大体GW中に満開になってしまって、毎年GW1週間後から休みに入る私はいつも見れずじまいなんだけど、
今年はまだ咲ききっていない!
そう5月に入っても12度も行かない北海道、しかも雨も多かったので、
まだ全然満開には程遠い感じだったのです。

それで計画したのですが、3時間掛けていってみると、まだ3分咲き程度^^;
でもつぼみが大きくなっているのか、気がピンク色になっていました。
a0004449_0161572.jpga0004449_0164751.jpg

ここ数日ずっと天気が悪かったけど、この日は青い空が見えてきて良かった~!
お祭りも本当は8日までだったけど、割いていないので15日まで延長。
ちょっとした夜店のようなものも出ていて、桜を見ながらいろいろ食べちゃいました。

道路自体は、駐停車禁止。
だから車で7kmをゆっくり走りながら桜を見ながら通りました。
これ満開だったら本当にきれいだろうなー!と思いながら・・・
ちなみに、この両脇はずーっと牧場です。
馬や牛が放牧されていたりするので、ほんとに「北海道!」っていう雰囲気ですよ^^
ただ、牛や馬がいるため、防疫対策のためにいろんな制約があります。
サイトにも書かれていますが、ペット連れ禁止、飲食禁止などです。
どうやら以前に事故があったようです。
ものすごい観光客が静かな街に行くんですから、絶対に守らないといけませんね。

天気は良かったけど、それでもやっぱり寒くて(多分9度くらい)
体が冷え切ってしまったため、近くにある新冠温泉(レコードの湯)へ。
初めて入ったけど、ここのお湯は肌がつるつるになるみたいです!
冷え切った体に熱い温泉・・・
最高でした^^

帰りにハプニングが。
ずーっと信号も無く、高速道路と並行して走る国道を走っていたら、
突然鹿(多分まだ子供ちゃん)2匹が道路に!
夕暮れ時だったんで見えにくかったけど、私が「シカ!シカ!シカいますってぇぇぇぇぇぇ!」
と叫んだらびっくりして急ブレーキ。
悠々とバンビちゃんたちは横切って行きました・・・

いつもこんなことがあるわけじゃないけど、
比較的シカは道路脇にいます。
よく日勝峠(札幌から帯広に行くとき通る峠)ガードレールの外側で草食べてるところ見るし。

実は今回の旅、いつもなら私が車を出すんですが、
今年千葉から転勤で来た会社の人(♂)の車でいったんです。
いやー、他人の車に、しかも助手席に乗るなんて、
いつも運転手な私としては、ものすごい優越感!
しかも男の人の運転ですよ!(感動するところか!)
あ、2人で行ったんじゃありません。後部座席にはものすごいテンションの高い二人(♀)がいました^^

いつも運転する人だとわかると思うんですが、
他人の運転って気になりませんか?
アクセル、ブレーキのタイミング、車間距離の取り方などなど・・・
でもこの人の運転は全然気にならなかったんです。
だから余計に楽しかったなぁ。
いつもなら、助手席や後部座席でもブレーキ踏む仕草しちゃうくらいですからね^^;

こんなことまで気になる女なんて、嫌ですよね・・・
私が男なら嫌だよ!
[PR]
by atuko-k | 2005-05-13 00:38 | Trip

東京最終日

この日は友人は休みを取ってくれたので、ゆっくり寝ていて10時起床。

お風呂入ったりお茶飲んだりしてのんびりしたあと、近くのケンタッキーに昼食。
CM見てたら食べたくなっちゃって!

その後、荷物を持って友人と家を出て渋谷へ。
私の今回の東京の目的はBryanのライブだったんだけど、
もう一つ、ひそかに「Swedenの小物を探す」ということもあったんですねー。
で、スウェーデンのファブリックがそろっていると言う
渋谷のin outに行きました。

a0004449_2513522.jpgすごい種類のファブリック!
でもやっぱり少し高いんだよね・・・。でもすごくかっこいい!
色々店員さんと話をして、そろっているカタログを見せてもらったら、
なんと半額になっているものや安いものもたくさんあって、即効購入。
花柄のほうはソファへ、青いほうは玄関から部屋の中に入ってくるドアに掛けようと思って買いました。
これで10000円弱だから安い!

これで満足して渋谷の中を少し歩き、少し休もうと言うことで
hiki cafe」へ。

この日の東京は暑かった!
27℃と言う話も・・・外のオープンテラスで珈琲とケーキを食べた。 ベイクドチーズケーキうまいよ!

その後、高速バスで空港へ行こうということになり、首都高などを通って空港へ。
でも連休前日だからだったようで、渋滞が・・・
でもそのおかげでゆっくり街中見られたよ^^
六本木ヒルズや、東京タワーとかも見えたし、ちょっとした観光バス気分。

空港に着くと、全部の飛行機が満席の表示。 空港の中も大混雑!
おみやげをやっとこ買い、夕飯を食べて、お世話になった友人と別れ、
とんでもなく遠い搭乗口まで行くと10分遅れの文字が・・・・・・・・・・・・・・・
結局最終的には30分遅れたんだけどね!

飛行機の中では爆睡。
短かったけど、あまりにも濃密な時間を過ごしたため、なんの悔いも無い東京滞在でした。

帰ってきてしばらく夢見心地になっちゃって、なんだかうまく書けてないんですが・・・・・・・・
[PR]
by atuko-k | 2005-05-02 03:00 | Trip

東京第2日目

朝、友達は仕事でお出かけ。
私も出かけるころ起きて、風呂に入ったりテレビ見たりして、お昼前に埼玉に住む友達とお昼ご飯。

上馬にある「花背」と言ううどんやさんだったんだけど、すごくおいしかった!
うどん大好きなんだよね~~^^
・・・なんだけど、実はこのころすごい頭痛がしていて
かきあげうどんがおいしいと教えてくれていたのに、食べられるような感じでなく、
とにかくさらっと食べたいと思って、塩鶏うどん(だったかな?)という
あっさり塩味で鶏肉が入っているうどんを食べました。
すっごくおいしかった!!
食べているうちに頭痛も少しづつ消えてきて良かった^^

そのまま三軒茶屋で別れ、ちょっとうちの本社に顔を出し、
来月やめちゃう同じ部署の人に会いに行って、 一時間ほど仕事の話をして、次の友達に会いました。

仕事中なのに出てきてくれて、1時間ほどお茶して一緒に渋谷に出て、そこでお別れ。
そして次に札幌から東京に引っ越してしまった旧友の友達(♂)と会って、
いろんなアンナ話やコンナ話をして、ここでも一時間ほどして別れ、
半蔵門線に乗っていよいよ九段下へ!

18時開場だったんだけど、着いたのが18時半ころで、すごい人ごみ!
その中を負けないように歩き、外にあったグッズ売り場でいち早くパンフをGETし、
中に入って席に着いた。

a0004449_2265790.jpg前回7年ほど前に初めて武道館に来たときもBryanだったんだけど、
ほんとに程良く狭くていい感じ!
しかも2階席とはいえ、3列目だったからすごく近く見える!

泊まらせて貰っている友人が仕事を終え19時ちょっと前に着き、
10分ほど遅れたころ、突然真っ暗に!

私はこの日のために、仕事もがんばって、お金も節制してきた。
決めてからの行動は早かった。 オークションで一度失敗しちゃったんだけど^^;
忙しかった日々も、家に帰ってきてもぐったりしちゃった日も、このライブのために!と思って乗り越えられた。
そしてそれは目の前で始まった。
私がこれまでどれだけの回数を聞いてきたかわからない曲たちを本人が歌ってる。
その感動といったら・・・

<セットリスト>
01. Room Service
02. Open Road
03. 18 Til i Die
04. One Night Love Affair
05. Let's Make A Night To Remember
06. Can't Stop This Thing We Started
07. Kids Wanna Rock
08. Back To You
09. Summer Of '69
10. (Everything I do) I Do It For You
11. Cuts Like A SAMURAI Knife
12. This Time
13. When You're Gone (with Junko)
14. Nowhere Fast
15. Somebody
16. Heaven
17. I Was Only Dreamin'
18. The Only Thing That Looks Good On Me Is You

===== Encore =====
19. Cloud Number Nine
20. Run To You
21. There Will Never Be Another Tonight
22. The Best Of Me

==== Encore =====
<アコースティック Bryan Solo>
23. All for love
24. Straight From The Heart
25. On A Day Like Today
26. Room Service



1曲目は、昨年10月に発売されたアルバムの曲。
もう車の中で毎日毎日聞いてきた曲が生で聞こえている・・・
そして、3曲目で「死ぬまで18歳!!」を叫び、
4曲目の曲の始まりで絶叫!大好きなんです、この曲!
両手を突き上げて「ギャー!」といったのは私だけではなく、周りの観客も!
どうしても聞きたかった7曲目では小ぶりを振り上げ、
21曲目をやるとは思っていなかったので、これも叫び・・・

基本的には、全曲熱唱。(私が)
13曲目の「When you're gone」という曲は元スパイスガールズのメルCという女性とのデュエット曲で、
この曲では客席の女性をステージに上げて一緒に歌うナンバーなんだけど、
この日のライブで上がった女性がほんっとにうまくて、感動の嵐。
はもりも歌詞も完璧。
Bryanも相当褒めてたよね! こんなにうまいデュエット見たこと無い!
相当練習したであろう姿を勝手に想像して、勝手に感動して思わず泣いてしまった・・・
私も練習していたんだが(一応)

この日の武道館は満席。
2階席だったから全体が見えたんだけど、結構会社帰りでスーツ姿の男性が多かったような。
年齢層も確かに高いけど、高いのに興奮しているその姿が見ているこっちまで楽しくさせてくれて
本当にBryanのことを好きな人ばかりが集まってきたようなライブでした。
一緒に笑って、踊って、泣いて・・・
アコースティックのStraight From The Heartの時、
あんなにいる客席から一切の音がせず、シーンとなった中Bryanの声しか聞こえないというのが
本当に圧巻に感じました。

a0004449_2244556.jpgとにかく私はほとんど全曲歌いまくり、手を叩き、最後終わったころには、声はガラガラ、手は痣だらけ、耳はおかしくなってしまっておりまして・・・
手のひらに痣できるってどういうことやねん!! (写真ではわからないかもしれないけど、うっすらと紫です)



a0004449_2254195.jpgこれは、腕時計のところが青痣になっているの図。


終わったあとの喪失感・・・ 私は明日から何を目標に生きていけばいいんだろう・・・友人は初めてだったけど、すごく良かった!と感じてくれたらしい。それ以上に、私の興奮度にびびっていたらしいけど・・・^^;

その話をしながら家の近くの焼き鳥屋で1時まで語り、帰って3時までさらに話して、
全身痛いまま(腕は取れそうなほどに痛い)、泥のように寝たのでした・・・。

<二日目完>
[PR]
by atuko-k | 2005-05-02 02:47 | Trip

東京第1日目

一応、東京でのことを残しておこうと思います^^

4月26日、仕事が遅くなったら困るとのことで、
予約変更が出来る最終便を予約していたんですが、
その便に乗る気はサラサラ無く、一本前の20:50の便に乗れるように仕事をがんばりました。

終業になって上司からも「早く行けよ!」と言われつつも、
でも仕事がきちんと終わっていない・・・
でももう待てずに仕事もそこそこに会社を出てタクシーに乗り、
「19:10のエアポート(空港までのJR)に乗りたいので急いでください~~~!」というと、
タクシーのおっちゃんが「混んでるから無理かも・・」と言ったので半分あきらめつつ、
でも駅に発車2分前に付いたので、とりあえず全速力で走ってみたら間に合っちゃって、
空港に着き、走って受付まで行ってチェックインしようと思ったら「20:50が欠航」だと(汗

早く東京についてゆっくり移動したかったのに!
しかも泊めてもらう友達次の日仕事だから速くついて早く寝たかったのに!
と叫んでも仕方ないので、待合室でふてくされつつメールしたりご飯食べたりお土産買ったり。

21:25の飛行機も遅れてしまって東京に着いたのが予定より10分遅れ。
第2エアターミナルは新しくてキレイだったけど、
なにせ誰もいないし全部しまっているし 私はあせっているしで全然余裕なし!

京急で品川経由で行こうと思っていたんだけど、
そういえば以前にこのくらいの時間(23時ころ)に乗ったとき、
途中の蒲田で乗り換えした記憶が・・・
と思って事前に調べてみたら、この時間品川に直行する電車が全然無い!
ということで、モノレールで浜松町経由で行きました。

私は数年前までものすごい回数(?)東京に行っていたので
慣れているつもりだったけど、もう忘れちゃってるからねぇ・・・
どきどきしつつも全部無難に乗りこなして、無事友達んち到着。
2年ぶりに会ったのに全然そんな気がしない。
この友人は高校の時の部活の友達で、一度も同じくらいになったこと無いのに、
今では大親友です。

0:30ころ着いて、そこから2時ころまで話してやっとこ寝ました。
<1日目完>
[PR]
by atuko-k | 2005-05-02 02:09 | Trip