風に吹かれるままつらつらと。


by atuko-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

やりきれない

<センバツ>史上5校目、夏春連覇の夢消える 駒大苫小牧:Excite

去年の夏の甲子園の決勝、私はライジングの会場で氣志團を背に、
ファミコンブースでずーっと見ていた。
そして、あの優勝の瞬間。
あの会場で全く知らない人たちと喜びを分かち合ったあの幸せ。

その後に出てきた暴行?事件。
優勝取り消させるかと思ったけど、不問になってほっとした。

そして今回のコレですよ。

まず問題起こした部員。
他の日記見たり、いろんな人の話聞くと、
「卒業式の夜だったら酒飲んでもOK」みたいな意見多いみたいだけど
それはありえないでしょ?
酒はいいけどタバコは、とか言ってる人もいるし。
ありえないでしょ?
コレに関しては、部員であろうが無かろうが、罰せられるのは当たり前。
これは逃れようも無いことだと思う。
卒業式を迎えても、3/31までは高校生。
3/31を過ぎても20歳までは酒もタバコもだめじゃない。
それを堂々と市内の居酒屋入ってバカじゃないの?
去年の優勝取り消しの危機を経験してる人間が
こういうことをして、どうなるかなんて考えられなかったのか?
高校生はやっぱりガキなんだな。

通報した人。
当たり前のことをしたと思う。
ただ、会話を聞いて駒苫の野球部員がいるとわかったのに通報してこんな騒ぎになってしまって、
一体どういう気持ちなんだろう?

とにかく監督が辞めてしまった今、
多分これから駒苫はもう浮き上がれないと思う。
高校くらいまでは、指導者の力が一番影響を受けるから。

本当に本当に、がっかりです。
こんなにがっかりしたの、久しぶりです。
夏の甲子園、勝ち上がってこれたら、本物だね。
[PR]
# by atuko-k | 2006-03-04 01:23 | Trackback

観光客へのおもてなし!

スウェーデンに行ったとき、何度と無く親切にされ、
それぞれに何度と無く感動し、泣き上戸な私はうれし泣きしそうなことがありました。

例えば、ストックホルム中央駅に着いたのは良いけど、
どの方向に向いて立っているのかがわからず、
次にどの方向に歩いてよいのかわからなくなって地図を広げてみていたら、
おじさんがスウェーデン語で多分「大丈夫?わかる?」
と話しかけてくれました。

その直前に把握したので、英語なのか何なのかわからない言葉で
ありがとうありがとう、と言うと同時に、とても嬉しくなりました。

またIKEAに行き、
帰りの無料バスの中で大量の荷物を持ちながら立っていたら、
中国系の方かな?が、「一人で座っているから、是非ここに座ってください」
と英語で言ってくださり、その言葉に甘えました。

それ以外にも、スウェーデン語が全くわからない私たちに、
英語で、しかもわかりやすく、そして笑顔で親切にしてもらい、
本当に感激してしまいました。

札幌という観光都市に住んでいる私は、
観光客がよく行くような時計台は生活範囲内です。
でも観光客にとって見れば、それは目的地。
時計台はビルに囲まれている場所なので、
わからずうろうろしてしまう方も多いので時々道を聞かれます。

正直、聞かれるのはとっても嬉しい。
是非札幌でよい思い出を作って帰って欲しいと思うから。
でも、いつも困っている人を先に見つけてこちらから声を掛けたいと思うのに、
なかなかそれが出来ません。

スウェーデンで経験したあの感動を、札幌でも味わってもらいたい。

と思っていたら、札幌市観光部のサイトにタイムリーな話題が!
おもてなしグランプリ入賞作品が決まりました!(札幌市観光部)

そうだね!「どうぞ良い旅を!」と一言つけるだけでずいぶん違う!
是非外国の方にも「Have a nice trip!」と言おう!
[PR]
# by atuko-k | 2006-03-02 03:34 | News・Books
a0004449_013494.gifスウェーデン旅行記はちょっとお休みして、カントリーサインってご存知ですか?北海道には、全ての市町村にカントリーサインがついています。
ついていますと言っても、あるのは市町村の境界線の道路ぷち。街から出なければあまり見ない代物です。電車に乗っていれば見ることが出来ません。

全市町村のカントリーサインはこちら↓
独立行政法人北海道開発土木研究所 カントリーサイン一覧

私は車で出かけ放題出かけるし、一度道内半周旅行を行ったので、
カントリーサインは、旅している身としてはそれはそれは励まされるものでございました。
励まされるだけではなく、「ん、この町はこれが有名だったんだ」という発見も出来るし、
「なんなんだこの絵は」という新たな疑問を植えつけてくれたりもします。

あまり話題にもならなかったカントリーサインをここまで有名にしちゃったのは、
かの”水曜どうでしょう”です。
カントリーサインの旅なんていう企画を始めてしまってから、
道内はカントリーサインの旅をしちゃう学生や、
サイコロの旅までしてしまうつわものまで出る始末。

こうして楽しめるカントリーサインですが、
a0004449_0592011.gifa0004449_0593248.gif最近、北海道内では市町村合併が激しく、3/31にも静内町と三石町が合併し、「新ひだか町」という町が出来ます。ということは静内町と三石町のカントリーサインは、あと1ヶ月で見納め・・・

これ以外にもここ数年で消えていった、もしくは3月までに消えてしまう市町村がたくさんあります。

新市町村名・・・合併・統合市町村(合併統合年月)

函館市・・・函館市・戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町(04.1)
北斗市・・・上磯町・大野町(06.2)
二海郡八雲町・・・熊石町・八雲町(05.10)
久遠郡せたな町・・・北桧山町・瀬棚町・大成町(05.9)
伊達市・・・伊達市・大滝村(06.3)
洞爺湖町・・・洞爺村・虻田町(06.3)
石狩市・・・石狩市・浜益村・厚田村(05.10)
岩見沢市・・・岩見沢市・栗沢町・北村(06.3)
安平町・・・早来町・追分町 (06.3)
むかわ町・・・鵡川町・穂別町(06.3)
日高町・・・日高町・門別町(06.3)
新ひだか町・・・静内町・三石町(06.3)
幕別町・・・幕別町・忠類村(06.2)
釧路市・・・釧路市・音別町・阿寒町(05.10)
大空町・・・女満別町・東藻琴村(06.3)
北見市・・・北見市・端野町・常呂町・留辺蘂町(06.3)
遠軽町・・・生田原町・遠軽町・丸瀬布町・白滝村(05.10)
士別市・・・士別市・朝日町(05.9)
名寄市・・・風連町 名寄市(06.3)
枝幸町・・・枝幸町、歌登町(06.3)

太文字は消えてしまった(もしくは消えてしまう)町村名です。
北海道民ながら、知らなかったこと合併がたくさん!
しかも知らない新市町村名も多いです。
八雲町の二海郡はびっくりしました。
(太平洋と日本海を同時に接しているので出来た郡だそうです)

これだけのカントリーサインが消えていく・・・とても寂しいことです。
[PR]
# by atuko-k | 2006-02-28 01:04 | Think
私が一番行きたかった国、それはスウェーデン。北欧ではなくスウェーデンです。それは、スウェーデンに関係している仕事をしている上で、色々国のことを調べていくうちにどんどん好きになり、どうしてもこの目で見てみたい!と思うようになりました。

昨夏、骨折で入院した後、そのキモチがどんどん大きくなり、行く宛も無いのにガイドブックや会話集を買いためしていましたが、旅行代金をふと調べてみたら想像した以上に安く行けることが判明!これは行くしかない!しかも行くなら1週間!
しかし仕事をそんなに長く休むことが出来るのか・・・?と思っている中、社員旅行が2月に決定、その間休みになるため、これにくっつけていけばよいのでは?という考えが浮かび、一気に実現になったのです。

という思い出はさておき、当日1日目のお話をば。
______________________________________________

朝起床は4時。前日「3人で電話で起こしあおう」と約束し、
私が起きると同時に一人から連絡が来るも、もう一人が全く電話に出ない!
20回コールを3回続けても出ず、ものすごくあせりましたが、最終攻撃として家の電話にかけたらあっさり起きてものすごくホッとした・・・

6時の電車に乗るために5時45分に札幌駅で待ち合わせ。
無事3人そろい、新千歳空港へ。
チェックインし、スーツケースを預け荷物はここから直接スウェーデンへ。

その後、空港内にある佐藤水産でおにぎり購入。
このおにぎり、本当においしいんです!!!
場所は、出発口がある2Fの駐車場へ続く橋の手前にあります。大きな水槽が目印。
思いっきり大きくて、確か350円だったかな?

購入した後登場口に入り、時刻どおり搭乗、出発。
a0004449_23313174.jpg飛行機の中で食べたおにぎりはコンナ感じで中身が満載!鮭とすじこのコンビネーションを買ったのですが、朝早かったので「こんなに大きいの食べられないよー」と言っていた全員が、完食したほどおいしかったです。

さて、そうこうしているうちに成田着。
成田は去年の上海で来ていたので大体わかっていましたが、SAS(スカンジナビア航空)の窓口が遠い遠い!!一番端っこでした^^;

そこで成田ーコペンハーゲン(正式名称はカストロップ空港)、コペン-ストックホルム(アーランダ)までのチェックインをしたら、もういよいよ後戻りできないキモチに。

成田で免税を見たり、飲み物を飲んだりしながら時間を過ごし、いよいよ搭乗口へ。
a0004449_23324291.jpgこの飛行機に乗って行きます。
搭乗口前は、卒業旅行なのか学生ぽい若い子がたくさん!いいねーそんなに若くてヨーロッパ行けるなんて^^;

憧れのSASに乗って、どきどきしているといよいよ出発。SASは日本発着の便には日本人の乗務員が2人います。

この飛行機、コペンハーゲンまで行くのですが、なんと札幌上空を通り、ロシアを通っていくのです!知らなかった・・・札幌から来た私らは「うそー!」って感じ。札幌から乗せて!と笑ってましたが^^;

そしていよいよ待っていた機内食!私はこれが楽しみでねー♪
a0004449_2337344.jpgこれがねぇー非常においしかった!パンも暖かく、ケーキもおいしかった!

a0004449_23404129.jpgしかも見てください、この塩と胡椒の入れ物。なにこの絶妙な色使い!

a0004449_23515294.jpgその何時間後かにまた出てきた機内食。今度はコンナにかわいいランチパックに入ってきました。


a0004449_23521875.jpg開くとこうです。銀紙はチーズとハムが挟まったパンで、これが熱くて!おいしかったー!(おいしかったばかりですね^^;)

a0004449_23534474.jpgそして先ほどの塩・こしょうに続き、こんなキュートなおしょうゆ入れ。おしゃれだー。

寝ては食べ、食べては寝てを10時間半繰り替えし、ようやくコペンのカストロップ空港についたのは、日本時間で夜中の約0時半。でも向こうでは16時ころです。

この空港がEU初入国になるのでここで入国審査を終えると、スウェーデンでは入国審査がありません。入国審査を終え、てくてく乗り継ぎ搭乗口まで歩いたのですが、結構遠い!到着が結構早かったので安心でしたが、これ正常どおりだったら結構あせっていたかもです。

a0004449_013315.jpgスウェーデンへの搭乗口へ向かう通路。この空港は日本の空港のように搭乗案内の放送はされません。なので、自分でところどころにある画面で自分が乗る飛行機の搭乗口を確認して、自己責任で向かいます。私が成田からの飛行機の中で確認した登場口と、空港についてから画面で見た搭乗口が変わっていたので、必ず確認するようにしましょう。

で、登場口まで行くとそこはすごく素敵な待合室!もーデザインが北欧そのもの!なんですが、ここは撮影禁止のピクトグラムが・・・残念。英語などがわからなくてもピクトグラムがとてもわかりやすいので、非常に便利でした。

17:00発のアーランダ空港行きの案内があり、搭乗すると、もーなんと格好良い男性乗務員が!女性の乗務員手向こう少ないんですかね?このアーランダまでの飛行機の中では、男性ばかりでした。

横5列の小さな飛行機に乗って1時間、夢だったスウェーデンに入国!着いて、荷物を取りに歩いていると、両脇の壁にスウェーデン出身の有名人の写真がずらり!あれは圧巻だった・・・が、そのころもうヘロヘロで、写真を撮っていないんです・・・ものすごく残念!あれ撮っておけばよかった・・・。

荷物を取って、出口へ歩いていく途中に犬が一匹。麻薬検査犬ですね。
私ともう一人が「かわいいねー」などとのんきに話していたら、もう一人が通ったときに犬に「クゥ~ン」と言われ、連れて行かれてしまった!!これにはびっくりしてしまい、どーなるのどーなるの?と思ってひやひやしながら待っていると、10分位してやっと戻ってきて、中身を全部出され、怪しそうなものは直接臭いを嗅がれたそうだ。結局なんだったんでしょう・・・?なにはともあれ、何も無くてよかった・・・

そこから出口に出て、すぐ両替をし(私は1万円ほど)、タクシーでホテルまで行くことに。
タクシーは、表に出るとすぐいるんだけど、ドアのところに「Arlanda←→Stockholm ○SEK」と書かれたシールが張られており、それだと市内まで定額で行ってくれるのですが、
これが会社によって料金が違います。最初に見たタクシーはベンツ製のもので、これは490SEK。高い!ということでもう一つのほうをみたらボルボ製で390SEKだったのでコレに乗ることに。

タクシーの運転手さんと色々話をしたのですが(英語で、しかも堪能な友達が^^;)、
イラクからの移民さんで10年前にスウェーデンに来たということや、スウェーデンに来る前は、イラクで化学兵器を作っていたんだよ、とか、日本の車はエンジンがとてもよいけど、塗装がすぐにはげてしまうんだ、とか色々教えてくれました。
高速でStockholmまで向かう間の景色は、言ってみれば、ローカルネタで申し訳ないですが、
恵庭らへんを走る道央道って感じ(オイ!)でも本当にそんな雰囲気で、全く違和感無く思っていたのです。雪もうっすら積もっているしね。なんか北海道って言ってもあまり変わらない感じでした。

ホテルの住所をよくわかっていなかったらしく、途中の歩行者に聞いたり、地図を何度も見せたり、一生懸命探してくれて、着いたところはさっき走った場所の近くジャン!というところだった^^;
40分位の乗車でしたが、別れるのが名残惜しくなるほどとっても良い方で、降りるときに「何か困ったことがあったら電話しなさいね」と言ってくださいました。

ホテルに着いて回転ドアをくぐると、なんと素敵なカウンター!
ちょうどバレンタインだったということもあり、チョコレートとイチゴ味のグミのようなものが山盛り置いてあって、「食べて!」と^^すごくおいしくて、このグミのようなものはお土産で買って帰りました。

無事チェックインを済ませ、部屋に入るとこれもまたなんとシンプルで素敵な部屋が・・・
a0004449_0415497.jpga0004449_0424899.jpg

a0004449_045261.jpga0004449_0435839.jpg

a0004449_13691.jpg
あ、このホテルはBirger Jarl Hotel(ビリエルヤールホテル)というホテルなのですが、
有名なデザインホテルで、この7階の部屋はスウェーデンの有名なデザイナーが
一人一部屋デザインしているのです。
そういう部屋に泊まりたかったけど、この普通の部屋でも十分すばらしい!
ちなみに、スウェーデンは窓枠は木、暖房はパネルヒーターになっています。
このホテルも同じように木枠のパネルヒーターでした。(暖かかったー)

この日は、もう何も食べず、すぐに寝ました。
日本時間ですでに朝4時くらいで、足を伸ばして眠りたくて着いて早々ごろごろしてました^^;

ということで、第一日目のながーい一日が終わりました。
[PR]
# by atuko-k | 2006-02-27 00:57 | Trip

スウェーデンを応援!

スウェーデンに行っている間にオリンピックは進んでいましたが、
イタリアと時差が同じなので、私たちがホテルに戻ると大抵その日の競技が 終わっていました。

それで夜の総集編?のような番組を見ていたのですが、 もー何度と無くカーリングとアイスホッケー!

なので、今やっているアイスホッケー決勝は当然見てます。
もちろんスウェーデン応援です。
オリンピック最後の種目だしね!

が、(北海道で言う)17チャンネル(TVH:テレ東系)での放送では「フィンランドを応援します!」
などと不届きなことを口に出したので、BSで見ることに決定。

もうTVH見ない!!!
[PR]
# by atuko-k | 2006-02-26 22:23 | Think

帰ってまいりました!

昨日ですが帰ってまいりました!
今日はがんばって仕事いってきました!
旅行中風邪を引いてしまい、というか一緒に行った2人から風邪をもらってしまい、
数日具合が悪くて動くのも億劫になるほど気分が沈んでいましたが、気力で乗り切りました。

旅行記アップするまでに膨大な時間がかかると思われるので、
とりあえずこの旅行で感じたことを列記しておきます。

・とりあえず出発日朝起きれて一安心。
・スーツケースの総重量は20kgまでなのに、出発時点で15.5kg。(うち水2.5kg)
・コペンに早く着いたのでまったり出来た。思ったより喫煙所もあった。
・しかしスウェーデン着いたら、喫煙所は無し。(外のみ)
・空港からタクシー乗ったが、道迷っちゃったけど運転手さんがとてもよい人でいきなり感動。
 (イラクから来た移民さんで、昔は化学兵器作っていたそうな)
・ホテルがとてもよくてちょー感動。
・一緒に行った2人から風邪移って、2~4日目ゲロゲロに。(薬もらって乗り切った)
・途中でネットしようと思っていたけど、街に夢中でそれどころではなかった。
・毎日睡眠時間8時間は取っていた。(日本ではありえない規則正しい生活)
・ホテルの朝食最高。
・みんな良い人ばかりで、何度か感動泣きしそうになったのは内緒。
 (地図広げていただけで、何度か話しかけてくれた)
・ホテル裏のマートの店員さんが空手の師範?だったようで、片言の日本語で話しかけてくれた。
 (最終日にもう一度行ったらまた会えて、住所教えてもらって写真一緒に撮った)
・スウェ語は「指差し会話帳」でOKだったが、やっぱり英語は最重要。
・この4日間で、街は把握した。(もう一度行ったら案内できるほど)
・雑誌で見ていた靴屋さんに行って、念願だったサンダルを手に入れた!
・でもこの旅行中一体いくら使ったのか、いまだに怖くて計算できない。
・一緒に行った一人は、空港の麻薬検査犬にクンクンされて、連れて行かれた。(荷物の中全部出されたそうだ)
・その後、この人はいろんなところで引っかかっていた。(空港でピンポンなったり)
・あと、子供にも見つめられた率No.1だった。
・旅行中、日本人に会う事は、一日1組あればいいほうだった。
・だから日本語に飢えていた。
・TVでフィンランドVS日本のサッカーの結果が逆に放送(FIN2-0JPN)されて、負けたんだと思ったら、
 帰りの飛行機の中で新聞見て間違いだと発覚。
・その他にも、オリンピックの結果で日本選手のところに出ていた国旗マークが全然知らない
 国の国旗になっていたことがあった。(これはCNNで)
・スウェーデンのTVではカーリングとアイスホッケーばかり放送されていた。
・でもすごく面白かった。てか男子カーリング選手好きになった。
・みんなスタイルイイ!しかも女の子かわいい子ばかり!人形みたい!
・本当にみんな親切。私も旅行者に親切にしてあげようと思った。
・写真は約350枚撮影。(動画もあり)
a0004449_261029.jpg・帰りのスーツケースは20kg制限だったのに、24.5kgにもなっていて「Heavy」タグつけられた。
 (エクストラバゲッジ代は取られなかった)





a0004449_272732.jpgガムラスタンの通り。これは、今私の目の前にあるカレンダーの2月部分の写真と偶然おんなじ場所の写真でびっくり!

a0004449_291425.jpg地下鉄中央駅のホーム。岩盤が固いので、それを利用して彫ったままの肌質のまま、芸術家が一つの駅を担当してデザインするということをしているのです。この駅は超有名!




写真は350枚くらい撮ったので、少しづつ書いていきたいと思います!
[PR]
# by atuko-k | 2006-02-22 02:15 | Trip